妊婦でも服用可能!フコイダンで便秘を解消する

過酸化脂質を除去

サプリ

大豆やゴボウのえぐみ成分

大豆やゴボウには独特のえぐみがありますが、そのえぐみのもととなっている成分がサポニンです。サポニンには抗酸化作用があるので、摂取すると血液中の脂質が過酸化脂質となることが防がれやすくなります。さらに、既に酸化して血管の内部に付着している過酸化脂質を、除去する効果もあります。過酸化脂質の付着は動脈硬化の原因となるので、サポニンはその予防のために摂取されています。ところが大豆やゴボウのサポニンは、調理の過程で抜け出てしまいます。どちらも調理では、えぐみを減らすためのアク抜きがおこなわれるのですが、それによってサポニンが少なくなるのです。そのためサポニンをしっかりと摂取するためには、大豆やゴボウを調理して食べるのではなく、これらから作られたサプリメントを利用することが大事です。

様々な効果効能

過酸化脂質によって動脈硬化になると、脳や心臓への血流が悪くなり、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高くなります。さらに、脳細胞が栄養不足によって衰えることで、認知症も発症しやすくなります。加えて、肌への栄養補給も滞ることから、ターンオーバーがおこなわれにくくなり、シミやシワが生じやすくなるのです。逆に言えば、サポニンの摂取によって過酸化脂質を除去すれば、こういった健康面や美容面での様々なトラブルを回避できるようになるということです。さらには、血液が流れやすくなることから代謝量が増え、ダイエット効果やアンチエイジング効果も期待できるようになります。そのため多くの人が、サプリメントで毎日サポニンを摂取しています。また、サポニンは高麗人参にも多く含まれているので、高麗人参茶も摂取に利用されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加